×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

男のダイエットどっどこむ

日光浴は危険

TOP>日光欲は危険(紫外線がヤバイ)

日光欲は危険(紫外線がヤバイ)

 日光欲は健康に良いというのは、本当のことなのですが、近年オゾン層の破壊により、紫外線が増大しています。この紫外線によるダメージが肌の老化を早めてしまうのです。
 この紫外線による肌の老化を「光老化」と呼び、紫外線を浴びることで、シワやしみが増大してしまうのです。
また、それだけではない恐ろしいことにもつながります。

 紫外線による、肌のダメージは避けることができない加齢による自然老化と区別されます。自然老化はたったの20%で、実はその原因の約80%は、「光老化」であるといわれています。
 
 自分の体でも例えば日のあたらない腹部と顔の皮膚を比べてみると、顔の方がしみやしわが目立っていませんか?顔や首、手の甲など普段から日光に当たっている部分は、日光に当たらない皮膚と比べると、老化の程度がかなり進んでいます。
 
 「しわができるのは年齢のせいだから仕方ない…」ではなく、紫外線を浴びていたからという、原因の方が実は多いのです。

 よって、紫外線から肌を守ることが、肌年齢の低下を防ぐ最大の方法といえますし、もし過大な紫外線を浴びてしまったら、日頃のスキンケアの努力が水の泡となってしまいます。

紫外線にも2種類ある

 「紫外線」と呼んでいますが、紫外線には3種類存在し、紫外線は波長が長い順に、UVA、UVB、UVCの3種類に分けられます。そのうち、地上まで届いて肌に影響をあたえるのはUVAとUVBの2種類です。

 UVAより波長の短いUVBは、真皮の浅い層までで止まりますが、皮膚への影響が強く、はれや痛みなどのヒリヒリした炎症を引き起こして肌に大きなダメージをあたえます。よく日焼けという現象がこれに該当します。
 UVBによる日焼けは、いわゆる火傷と同じといえます。
 また人間はこのUVBの防御反応として、肌が黒くなりますが、これはUVBが肌の表面にメラニン色素を定着させ、UVBの浸透を防御しているからなのです。

 波長が長いUVAは、曇りでも容赦なく降り注ぎ、表皮の下の真皮深くまで届き、じわじわと肌にダメージを与えるなかり怖い紫外線です。皮膚ガンの原因になったり、真皮深くまで届くので肌のダメージが非常に大きく、後にシワになってその影響があらわれて来ます。
 肌はUVAとUVBの両方の紫外線からダメージを受けていることになります。


紫外線を浴びると

 紫外線によって皮膚がダメージを受けると、表皮細胞の遺伝子(DNA)に傷がつくことになります。
例えば、真夏の快晴の昼間に太陽の光を1時間浴びると、1つ1つの細胞の遺伝子に、100万個も傷がつくといわれています。細胞にはそれを修復する作用があるので、2〜3日もすれば自己修復されますが、例えばメラニンを作る細胞のDNAに傷がつき、修復されないままになってしまうと、その細胞はメラニンを必要以上に作り続けることになり、いわゆる暴走している状態となります。このメラニンの暴走が「しみ」と言われている正体です。

 また、紫外線を浴びた表皮が赤くなり、炎症を起こした部分では活性酸素が作られます。
活性酸素が増えると、細胞の膜が酸化され細胞の機能が妨げられます。
 鉄が、さびるように、皮膚も紫外線によって炎症を起こした部分が活性酸素に長い間さらされることで老化が進んでいきます。

 人はもともと体内で発生する活性酸素を消去する酵素を持っており、活性酸素の害から体を守る機能がありますが、年齢と共にだんだんこの機能も低下していきます。

 それに、活性酸素の害から守る守備範囲も当然決まっていますので、その守備範囲以上の活性酸素があれば老化してしまいますので、活性酸素を増えるような要素として、紫外線は大敵といえます。

 肌の老化の約80%は紫外線による「光老化」が原因。これを防ぐには何より紫外線を避けることが一番大切です。つまり、普段の生活のなかでの紫外線対策が、肌の老化を防ぐうえで、非常に重要になります。

日光浴が全部駄目ではない、いい所もある

日光浴をすることで、健康面でよい現象をもたらす場合もあります。
 @人体の骨や歯の形成に必要なビタミンDが生成される。
 (食べ物からも得られている)ビタミンDが不足すると骨や歯が弱くなったり疲れやすくなったりする。
 
 A朝日や、光の強さによって、体内時計の調節が行われる。(特に朝日が効くしい)
 体内時計を調整することによって、自律神経を正常化することが出来る。

という点です、しかし@は、最近は食物から摂取できるので、気にしなくて良いというのが主流です。
Aが重要と思います。朝日程度ならば、紫外線照射もすくないので、晴れた日の目覚めに朝日を浴びることをオススメします。短時間でいいですよ。目がまぶしいってなるくらいでOKです。5秒でしょうか。

対紫外線対策を心がける

紫外線を予防するには、もちろん紫外線に当たらないことが一番です。
しかし、生活をする上で、全ての紫外線を避けることは100%不可能です。
食事やサプリメント等でビタミンC、カロチン、リコピンを摂取し、紫外線に当たった後の対策をすると同時に、日焼け止めや日傘、帽子等を活用して根本的に肌に紫外線が当たらないようにする対策をとることが大切です。

日焼け止め商品で、SPFとかPAという言葉を目にするのではないでしょうか?これらは、いずれも紫外線防止効果の指標です。数字は、紫外線の影響を延ばす倍率で、++などは効果時間をさします。
多いほど良いように感じますが、強い日焼け止め商品ほど皮膚への負担もましますので、なんでも多ければ良いというものではありません。

日焼け止めに関してのコラムはまた別の記事で詳し解説しようとおもいます。


してはいけない事
やっぱ日光浴はチョー危険
レモンを顔にのせるのは危険
水を大量に飲めばいいもんじゃない
フェイスケア編
フェイスケアの重要度
ニキビ撃退&予防
顔にダニがいるって本当
毛穴の黒ずみを解消
乾燥肌・敏感肌のお悩み
アンチエイジング基礎編
体全体を若く保つ
やっぱり洗顔が基本
過激なスキンケアは危険
日光浴は危険!
脱オヤジ臭
適度な運動が重要
ストレスを解消しよう
ニキビの種類とその対策
大歓迎コレストロール
花粉症対策
ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF25 化粧水感覚でOK。乾燥対策にもなるので、一石2丁の優れもの
ジャムウハーバルソープ【恋する2人のラブコスメティック】 【大ヒット!インドネシアのジャムウ石鹸で全身ピカピカ!ワキガも足くさも、アレにもきく】
 
なんと、ワキの臭いや足の裏の臭い、もとれ、もちろんオヤジ臭もとれます。また、黒ずみも解消するので(女性のデリケートな部分の臭いも)奥様、恋人と一緒にお風呂に入りながら2人で協力してという使い方もできます。(リラクゼーション+恋力で威力UP)

使い方は簡単、よーく泡立てて、気になる部分に泡を乗せるか、オヤジ臭なら全身一気にこの石鹸で洗って、3分じーとしてから、洗い流すだけです。
(泡が立つように私は、みかんのネットを2重にして使ってます)

だた、黒から薄いピンク色にデリケートな部分がなってしまうので、男の人はちょっと注意したほうがいいかも(笑)私もなぜか乳首がピンクに(笑)

ジャムウ・ハーバルソープは、化学香料・保存料・合成界面活性剤を使用していないので、肌あれの心配もないので安心です。
企業名:LOVECOSMETICオリジナル
商品名:ジャムウハーバルソープ

価格:1,990円(税込)

>>ジャムウハーバルソープンのご購入はここをクリックしてください
TOP>日光欲は危険(紫外線がヤバイ)

Copyright (C) 2 0 0 5 男のアンチエイジングどっどこむ All Rights Reserved.